スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズムと拍子とか小節とかテンポとか。

さて、ブログを軌道に乗せるための下準備としてMMLや作曲の基礎的なところを攫いつつ、どうでもいいこともgdgd書いているわけですが、まり姉ですこんにちは。

前回は1音について、「どんな要素が含まれていて、MMLでどのように指定すればいいのか」と、
「音に関する波のお話」なんかをしてみました。

今回はリズムや小節など、音楽における時間や期間、あるいはタイミングに関する話をしてみようかと思います。






さて、前回はただの音、今回からは少しずつ曲の話になりますよ。
時間、期間、タイミングとか書きましたが大雑把にまとめちゃうと「リズムのお話」ってことになるのかな・・・?

音楽において時間と言うのは大切な要素です。
・・・と言うのも、曲って結局のところ何かって言うと、「いつ」「何の音がなっているか」で、出来ているからなんですね。

カラオケなんかを考えて見ましょう。上手に歌うためにはどうしたらいいでしょうか?

・音程を外さない
・発声のタイミングを間違えない


まぁこの2点を気をつけていれば、酷いことにはならないでしょう。
「音程はずすと音痴」「タイミング取れてないとリズム感悪い」とかってことになりますよね?

と言うことで、音楽にとって時間、つまり「いつ音を出すのか」がどれくらい大切なことなのかがなんとなく分かっていただけたかと思います。

「それで一体どうやってタイミング取ったらいいの?」
ってことになりますよね?

そこでまずはと言うものを考えて見ましょう。


・拍について

まぁ、カウントというか掛け声を想像してください。手拍子でもいいです。
曲に合わせて等間隔で机を指でトントンするのもいいでしょう。

とは等しい間隔で打たれる基本的なリズム」の事らしいです。

「拍を目印にして音の出だしのタイミングを取りましょう」ってことです。

このが、しっかり正確にキープされていると、リズムが変になったりしないですよ~。
逆に作曲中長く伸ばす音のところで、「アレ?何か短い」とか「長すぎるような・・・?」みたいな時は、拍が足りないとか結構あります。

かなりのイキオイでチラ裏になりますが、「アカペラで歌を正確なリズムで歌いなさい」とか言われても結構難しいんじゃないかなと思います。カラオケなんかでは伴奏のドラムなんかで拍をサポートしてもらっているんですね^^


・拍子について

ここまで拍の話をしましたが、「曲の長さが長くなってきました。それじゃ134拍目に歌いだしてください。」とか言われても、どうしたもんだかって感じですよね?

これじゃあまりに酷すぎます。
そこで、もっと広い単位の区切りを増やしましょう。

例えば4拍を1セットにすることを考えて見ましょう。

「1,2,3,4」
「1,2,3,4」
「1,2,3,4」
「1,2,3,4」


16数えるよりはスッキリしました。
でも、3回目の3の時とか言われたときに今何回数えてるのか分かり難いので、

「1,2,3,4」
「2,2,3,4」
「3,2,3,4」
「4,2,3,4」


こうしてみました。
お気づきかもしれませんが、体操とかランニングするときの掛け声になってますね。

で、さっきのと何が違うのかと言うと最初の1拍が縦にみるとカウントになってるってことです。
これ実際声に出してみると、

,2,3,4」
,2,3,4」
,2,3,4」
,2,3,4」


みたいに最初一拍だけアクセントが付くんじゃないかと思います。

この並んだ拍の中で特に強くアクセントを付ける所を「脅迫」と言います。
ん・・・違う「強迫」も違うな・・・「強拍」ですね・・・

   (; ゚ ロ゚)ポカーン

強拍変換でないじゃないかぁぁぁぁ゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァン

ハァハァ、見苦しいところお見せしました。


んで「強拍」です。
大きい区切りも作って数えやすくしましょうってことです。

強拍と拍は入れ子みたいになってるってことですね。
強拍が親、拍が子の親子関係です。

や・・・ば・・・い、そろそろ本題入らないと!
気づいたらもうこんな行数にw

上の例を見ると、強迫から強迫までという新しい区切りが出現してます。・・・というか元々4つずつに区切ってってところから始めたので区切り出来てるのは当たり前ですがorz

このような場合、「周期的に繰り返される拍の1まとまり」「拍子」と言います。

拍子に含まれる拍の数で○拍子とか呼びます。
上の例は4つ数えるので4拍子ですよー。

たったコレだけの話するのにいつまで・・・w


・小節について
拍子で時間食ったのでサラっとw

楽譜を書くとき拍子の一まとまりを「小節」と呼び、縦線で区切って分かりやすくします。

以上!

あー・・・忘れてた、楽譜の話出たのでついでに一つ。
普通楽譜なんかは横向き右方向に時間が表現されてます。
左がスタートで右へ行くほど時間が経って行く感じですね。

ここでは関係ないですが、高さというか縦は音高です。
最初言ってた曲の2大要素、音程とタイミングが縦軸、横軸で表現されて曲になりますよってことです。


・テンポについて

テンポは拍の(時間的な)長さのことらしいです。
なんかツールとか見てると120くらいが一般的なんですかね?

ちなみに楽譜とかだと♪=120とかみたいに書かれますけど、これは

「♪を一分間に120回鳴らせるペースで」

って意味です。と言うことは数字が大きくなるとテンポ早くなるってことですね。

極端な例で♪=1と♪=60とかを考えて比べて見ましょう。
1分に一回と1秒に一回ってことに?

ちなみにMMLでは、テンポはT120のように書きます。
音符は四分音符なのかな?

*上で♪書いてるのは、ただ記号で変換出てくるからですw
 四分音符はでないんですよ;





まぁ、いつものようにgdgdに。
でも、なんとなく把握して頂けたら嬉しいです^^
スポンサーサイト

theme : マビノギ
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

釣果

プロフィール

まりねー

Author:まりねー
マビノギ鳥鯖でgdgdなMMLを作りまくってるまり姉です。

最近はゴレゴレしたり壁作って引きこもったりしてます。
無料転生来たのでサブとかも育て始めました。

でも大人まり姉をアダルトまり姉って読むのはヤメテ、お願いw

マビノギ - Fantasy LIFE!

ブログランキング

マビノギ・ブログ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード

イベントカレンダー

イベントカレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。