スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和音について4

~前回までのあらすじ~

gdgdの作曲ところの和音編をも少し体系的にしましょうってことに。
和音について1で、和音の土台になる度について説明し、3度を重ねると和音になりますよってことに。

第2回、根音について見て行って、和音がどうやって作られたか、そしてどのように整理されているか、あたりがボンヤリ分かってきました。

そして前回の第3回、転回についてお勉強したことで、大雑把に(和音の名前までは分からないかもだけど)大体の和音は把握しました。

前回まではこちらをご覧アレ。
 ↓↓
和音の秘密

はうつー作曲(和音について1)

和音について2

和音について3

今回は「和音の中からどうやって曲にあったものを選ぶか」について考えてみようかと思います。
ついに実践ですね。

今回はこちら
 ↓↓



今回、最初に少しヤヤコシイ和音の分類を行います。
話が見え難くなるかもしれないので、大きい流れを最初に書いておきますね。

gdgdで簡単に説明している話ですが「メロディの音の大部分は、大抵の場合、和音の構成音である」というコトを書いてます。例外もありますが、概ね当てはまるでしょう。

と言うことは、ですよ。
「○の音を含む和音」のパターンを知っていれば、和音全体から探す必要もなくて、簡単に見つかるって寸法です。
そして結論から言うと、わたしは「○の音を含む和音」というのは全部で6パターンであると考えてます。

例外はあるんでしょうけど、これ知ってるだけでかなりのペースアップになります^^
と言うわけで、まず、「6つのパターン」「パターンが6つと考えている理由」を書いて、その後に実際に和音探すときに、6パターンの中から効率良く一つ選ぶ方法を見ていきますよー。

もし、「分類考えるのメンドクサーイ」って人が居たら、文章読まなくて良いので↓にある表の和音を試してみてください(表はメロディがラの時の和音です)。大概これで見つかると思います。



さて、和音の探し方を考える前に、転回和音も含めて整理しなおしてみましょう。
ただし4和音まで考えるとややこしくなるので、ここでは3和音で考えますね。

まず根音を考えないで、和音を鍵盤の押さえ方で分類してみましょう。
これはつまり、3つの音の間隔だけを見て何パターンに分けられるかってコトです。
前回、前々回の内容から考えてみると・・・

・3度で作った基本位置が短長考えて    2パターン
・基本位置2パターンを第一転回したモノ  2パターン
・基本位置2パターンを第二転回したモノ  2パターン


の計6パターンが考えられます。
頭で考えるだけでは分かり難いので・・・

fig00022

今回も表を作ってみました。
これは、「ラが最高音である3和音」です。



さらに、「最高音以外でラを含んでいる和音」を考えてみましょう。
パターン沢山になるので、表は作りませんが、カンが鋭い方はすぐ分かるんじゃないかと思います。

押さえる形はこの6パターン以外にはないので(これについては後ほど説明します)、この6パターンを横にズラして●をラに合わせてあげると良いことになります。そうすると、必ず①~⑥いづれかのパターンの転回になってるんです^^

一応1例だけ・・・

パターン①の「レ ファ ラ」を、間隔そのままに真ん中の音がラになるようにズラすと、「ファ# ラ ド#’」になりますが、これはパターン⑤「ド# ファ# ラ」の第一転回和音になっています。


と言うことで、「最高音以外で考えても、和音の種類は同じ」と言えます。

ラを含む和音で考えましたが、話の本質は「和音の構成音の間隔」であるので、他の音についてもシフト(平行移動?)してあげれば良いだけの話ですよー。



少し補足と言うか、気になる所を突き詰めておきましょう。
細かい所なので、興味ある人だけ読んで下さいね。
それ以外の方は次の区切り線まで読み飛ばしで^^;

「ラが最高音」のモノは、これで全てな筈です。

何故かと言うと、
「和音は、3度を重ねたモノ及び、それを転回したモノである」
      ↓
「和音である為には、転回して基本位置に戻ったときに3度になっていなければならない」

と言い換えるが出来ますよね?

一方、転回を視野に入れて、「ド ミ ソ ド’」のように4つの音を考えたときの、音の間隔は
メジャー:「4半音 3半音 5半音」
マイナー:「3半音 4半音 5半音」

の間隔になっています。

この転回を考えた4つの音と言うのは、見方を変えると「1オクターブを2箇所で区切りましょう」と言うことです(転回は最低音をオクターブ移動させるコトであるので)。
このうち、どこであっても問題はありませんが、「3半音+4半音=7半音」という間隔はキープしないと3和音で無くなっちゃいます。
3区間の内、2区間が固定されているのですから、残り1区間の間隔も自然と決まってしまいます。

つまりは、この6パターン以外に音をズラす余地がなく、ズラすと和音では無くなってしまうんですね^^;



さて、これで峠は越しました。
後は簡単和音捜索法を伝授いたしますよう。

慣れるまではイキナリ3つ押さえるのが大変なんですよ。
そこでですね、最初は「メロディ」「その一つ下の音」の2音で探してみてください。上の音変えないで下の音を3つズラすだけなのでスグに見つかると思います。

上2つの音が決まってしまえば、6パターンの中から2パターンに絞れたことになります。
慣れない間は表と見比べても良いですが、間隔は

メジャー:「4半音 3半音 5半音」
マイナー:「3半音 4半音 5半音」


と決まっているので、慣れれば上2音の間隔から、どの音を試せば良いかスグに分かります^^


例えば、表を例にメロディがラの時・・・

上2音を聴き比べて「ミ ラ」がピッタリだったとします。
そのとき「ミーラ」は5半音の間隔であるので、の下の音は「3半音か4半音のどちらか」になります。今回の場合はド#ってコトですね^^

文字で説明するので○半音間隔とか書いてますけど、慣れれば「見た目これくらい指の幅開いてればオッケー」で出来るようになりますw



以上で、和音の種類が選べるので、後は転回してお好きな高さの音にしてあげればバッチリです。

今回までで、和音が選んでこれるようになりました。
後残ってるのは、どれくらいの区間毎に和音を割り当てて上げるか、ってコトですかね?
コード進行の頻度というか長さというか、そういう類の問題です。
これはアレンジの分野では?言われればそうかも知れませんね。



スポンサーサイト

theme : マビノギ
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

釣果

プロフィール

まりねー

Author:まりねー
マビノギ鳥鯖でgdgdなMMLを作りまくってるまり姉です。

最近はゴレゴレしたり壁作って引きこもったりしてます。
無料転生来たのでサブとかも育て始めました。

でも大人まり姉をアダルトまり姉って読むのはヤメテ、お願いw

マビノギ - Fantasy LIFE!

ブログランキング

マビノギ・ブログ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード

イベントカレンダー

イベントカレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。