スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Independence Freeに釣り上げられてみるテスト2

はい、みなさんこんばんは。

先週MUラボ(統合作曲ツールみたいなの)の説明動画で「IndependenceFreeって良さそうなサンプラが無料で転がってますよ」って話を見かけて、ウッカリ釣り上げられてしまったまり姉ですぴちぴちっ

変なところでトラブって難航していたダウンロードも無事終わりました。
今考えると、なんか混んでただけとかそんな話だったのかも知れませんね。ファイル無いとか言われてましたけど手を抜いてエラー画面統一しちゃってたとかそんなの?

で、インストールはスンナリ終わって、少し使ってみたので、サックリ要点まとめたいと思います。
今回の記事は懇切丁寧を心がけずメモ的な感じで行きます。

↓↓



まず、一応インストールについて。
ソフトのインストール慣れてる人向きに言いますと・・・

言われるとおりにハイハイ進めて、途中「VSTPluginsどこに置く?」って聞かれるので、それだけ場所を設定してあげる、あとは適当に。いじょ。




MULABとIndependenceFreeの位置関係について。
所謂ソフトシンセと同じ位置づけのような気がします。

・MUが吐いた信号を受けてIndependenceが音を出す。
・音色の調整やら何やらは主にIndependenceの仕事。

それじゃサンプラとソフトシンセって何がどう違うのかを感触(まり姉主観であり正しいかどうかは分かりません、調べてないですので^^;)から説明すると、

・ソフトシンセは基本波形をこね回して音を作り上げてる。
 すごく近い音にはなるけど既存楽器そのものの音にはならなそう?
 データなくて設定情報だけなので、容量少なめ。手間掛かる。しかし自由な音作り。

・サンプラは録音を元に(初期が楽器そのものの音)エフェクトというか調整で音を整える感じ?
 最初からイメージに近い音として出発するので、思い描いた音に近づけるのが楽。
 元となる音データ収めてあるので、大容量。手間いらず。より本物ぽい音が。

ってところなのかなと。




インストール後から作曲までにやること。
MULABの使い方+Independenceの使い方って感じになりますが・・・まず!

●MUにIndependenceのPluginsの場所を示し、ソフト入ってるのを教えてあげる。
別なソフトなので、最初はMU君はIndependenceさんが居るのを知りません。

●MUの機器接続設定画面でMUの各トラックとIndependenceを接続する。
MUはブロック図のような画面がありまして、実際の録音やミキシング機器のように、各機器をコードで繋いで・・・例えば機器Aの出力が機器Bの入力へ入る等のように接続をすることで、各ソフト間の信号をどのようにやり取りするかを設定できるみたいです。

このブロック図によって、かなり自由に音をいじれるようになっているようです。
やってみないとですが、例えばパートAの音色はサンプラAから、パートBはソフトシンセAから、ドラムパートはドラムサンプラから取り、それぞれのサンプラから出た音に、別々のエフェクタをかけるみたいなことが出来るのかなーと^^;

繋ぎ方は、音がどこから出てどう伝わっていくのかをよく考えてみて思考錯誤してみましょう。

●Independenceで音色設定。
設定の仕方は、chに対して音色セットから音色選択。
マッピング画面で音色微調整。
MUのパートに対してではなく、chに対しての設定です。

●MUの各パートのch設定。
先程Independenceで設定したchの音色になります。
・・・もしかしてMUのch設定と、Independenceの音色設定の順序逆かも知れませんね、コレ^^;
結果は同じですがw




使ってみた感想。

まず、慣れの問題かとは思いますが、シーケンス入力やりにくいですw
各操作のボタン配置とかショートカットとかも慣れないですしねー。これはしばらくは仕方ないかなと^^;

次に肝心の音色ですが・・・楽器の種類はやや偏ってて、バンドっぽい楽器+電子音+パーカッション数種って感じです。
管楽器、擦弦楽器、鍵盤打楽器なんかは弱い・・・というかありません。

生、電子ドラム。
エレキ、生ベース。
アコギ、エレキGt。
ピアノ。
パッドなどの電子音。
ドラム以外のパーカッシブなもの。

が、それぞれ違う音のものが数種類用意されている感じです。
個人的には、ヴァイオリンやら金管のましな音が欲しかっ・・・たorz

・生ベースはちょっと弦の震える音が強すぎな感じも、それはそれでいいものではありますが。

・エレキ生共に、スラップ音はなかったように思います。(見落としてるだけかもですが)

・アコギ。弦をこする音、震える音がいい味してました。

・エレキGtはメロディアスに使えるモノではなく、1音色に付き1オクターブのみ3種類くらいの弾き方が用意されてます。音の太さやらディストーション具合で色々用意されててそれなりに満足げ。
全域使えるクリーンな音のものと歪み調整が出来たら言うことなかったのですが・・・

・ピアノ、響き具合やら音色が色々。電子ピアノもくど過ぎずニュートラルな感じ?

・パッド。エコー具合やらわりと使えるものが。あと自動リフ装置っぽいのが楽そうではありました。

・カホン、アフリカンなんたら(手の平でペタペタ叩くヤツ)、タンバリン、カスタネット、鳴子。
なんというアレなラインナップ。これはなかなかに満足ですw




総評:すぐ使える音色も多いけど、足りない音色が結構あるので、基本は別のサンプラなりシンセと併用かなーって思いました。

正直ギター関係の用意されている音(音域や種類はともかく質)についてはwktkが止まりません。
フリーなことを考えるとなかなか満足でした。

スポンサーサイト

theme : マビノギ
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

釣果

プロフィール

まりねー

Author:まりねー
マビノギ鳥鯖でgdgdなMMLを作りまくってるまり姉です。

最近はゴレゴレしたり壁作って引きこもったりしてます。
無料転生来たのでサブとかも育て始めました。

でも大人まり姉をアダルトまり姉って読むのはヤメテ、お願いw

マビノギ - Fantasy LIFE!

ブログランキング

マビノギ・ブログ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード

イベントカレンダー

イベントカレンダー

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。